2019年12月22日

【艦これ】2019秋イベント E-5 乙作戦クリアしました。

2019秋イベント E-5クリアしました。乙作戦です。
甲と報酬の差がほとんどない(緊急修理資材1個&新型航空兵装資材2個)のと、
難易度から乙に日和りました。
戦力のゲージ2本立てです。友軍も使ったので難易度は低めでした。

編成・装備(1本目)


攻略編成_20191221-200648252.png

基地航空隊
基地航空隊_20191221-200705482.png

編成は丙掘りと同じです。
支援は出さず、基地は1部隊をGマスへ、ラストCマスで大破したので東海部隊をC&ボスマスに出しました。
ボスマスでは丙のようには随伴が落ちませんが、平戸は丙掘りで終わってるのでボスを落とせば終了です。

ルートは全て、CEGJ。キラ付けなし。支援なし。

攻略詳細(1本目)


1回目 A勝利 ガシャン
2回目 B勝利 ガシャン
3回目 A勝利 ドロップ 雷
4回目 B勝利 ガシャン
5回目 Cマス 初霜大破
東海部隊を出す。
6回目 A勝利 ドロップ 時雨 ゲージ破壊

潜水棲姫改
kancolle_20191221-190454737.png

潜水棲姫改-壊
kancolle_20191221-200231002.png

出撃状況(1本目)


出撃回数 6回
ボス撃破 5回
大破撤退 1回

使用資材(1本目)


燃料 1968
弾薬 798
鋼材 232
ボーキ 1695
バケツ 10

攻略時間 約1時間15分

編成・装備(2本目)


攻略編成_20191221-225410816.png

基地航空隊
基地航空隊_20191221-225446355.png

続いて2本目。
高速統一すると最短ルートとなるのですが、長陸奥に穴あけないといけないのと火力が落ちるので、
低速混じりで行きました。
乙作戦でもボスマスの制空値はかなり高いので、制空値512でラストまで拮抗でやりました。
長陸奥タッチ強いし、友軍も強いので無理して優勢取る必要はないと思います。
大井と阿武隈はサブ艦。長門、陸奥、妙高に特攻があるようです。
この編成はラスト時のものですが、削り時は時雨を対潜装備、妙高は連撃装備でやっていました。
基地は第1部隊をボスマス集中、東海部隊をA&Cマスに送りました。
クソガキちゃん対策として先制対潜艦を4隻にしましたが、1隻減らしてもいいかなといったところ。
道中支援は不要だと思います。決戦支援はラストだけ出しました。

ルートは全て、ACEFIKO。キラ付けなし。ラストだけ決戦支援。

攻略詳細(2本目)


1回目 S勝利 ドロップ 霧島
2回目 S勝利 ドロップ 霧島
3回目 A勝利 ドロップ 青葉 223ダメ
4回目 Iマス 陸奥大破
5回目 Kマス 谷風大破
6回目 Fマス 涼月大破
7回目 S勝利 ドロップ 親潮
8回目 S勝利 ドロップ 青葉
9回目 S勝利 ドロップ 利根
ラスダン 決戦支援を出す。
10回目 S勝利 ドロップ 衣笠 ゲージ破壊

中盤、Iマスでヌ改のワンパンで陸奥が大破、空襲マスで大破が続いてちょっとグダりましたが、
乙なだけあってそんなに難しくなかったです。

空母棲姫改
kancolle_20191221-205131963.png

ゲージ破壊。友軍の加賀さんがとどめをさしました…。
kancolle_20191221-224929901.png

クリア
kancolle_20191221-225152443.png

出撃状況(2本目)


出撃回数 10回
ボス撃破 6回
大破撤退 3回

使用資材(2本目)


燃料 11992
弾薬 5550
鋼材 6881
ボーキ 4557
バケツ 37
バーナー 42

攻略時間 約2時間25分

クリア報酬(乙作戦)


勲章、戦闘詳報、緊急修理資材×3、5inch連装両用砲(集中配備)(★+2)、

お札が付いた皆様


哨戒部隊
戦艦 長門、陸奥
軽空母 隼鷹
水母 Commandant Teste
重巡 妙高
雷巡 大井3号
軽巡 阿武隈2号
駆逐艦 涼月

感想


乙に落としたので、難易度は低め。E-4甲と同じくらいでした。
甲縛りをしているということは特になく、乙にしたのは、18冬イベ以来で約2年ぶりっぽいですね。
2本目ラストは友軍の加賀さんがとどめ差したので、せっかくカットイン装備にしたのに不発で終了。
何ともしまらない感じでしたがまあよかったです。
E-6は1本目とギミックをやりつつ友軍まちたいと思います。
掘りは全て終わったので、出し惜しみなくやれるので楽しみです。



posted by けんたろう at 20:12 | Comment(0) | 艦これ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: