2019年06月25日

【艦これ】2019春イベント 感想・まとめなど

今回のイベントの感想&まとめです。
中規模詐欺。札多すぎ、陸上型多すぎ、S勝利取れねぇ、フレッチャー出ねぇ。といった感じ。
そもそも春じゃないだろ!

攻略状況


E1〜E5:ALL甲
E-1:簡単、潜水マップじゃなかった。
E-2:輸送は簡単、戦力は重量編成で押し切る。
E-3:1本目は簡単、2本目ラストで道中大破祭り。陸上型つらい。
E-4:機動削りつらい、とどめは簡単。
E-5:1本目は簡単、2本目はボス前がクソ。
E-6:フレッチャー掘り。54周…。

陸上型が多かったですが、全体的な難易度はそれほどでもなかったかなといったところ。
それほどつまることなくクリアできました。

消費資材(掘り含む)


燃料 194552
弾薬 149893
鋼材 109667
ボーキサイト 67150
バケツ 548
補強増設 5
間宮 6
伊良湖 6
洋上補給 0
バーナー 280

資源の4割くらいはフレッチャー掘りで消費。中規模とはいったい。
燃料の消費が重すぎです。

ドロップ艦


E-1:風雲
E-2:鹿島
E-3:清霜、沖波、ガングート
E-4:特になし。
E-5:神風
E-4掘り:Fletcher、秋津洲、Gambier Bay
E-2 Jマス:石垣、大淀×2、江風×2、葛城×2

石垣は、 E-2 Jマス39周でドロップ、FletcherはE-4 54周でなんとかゲット。
ガングートとガンビー、秋津洲は一応キープ。他の微妙なレア艦は全て解体。

解体できない海外艦がどんどんたまっていく…。
攻略編成_20190621-214018266.png

イベント難易度


陸上型が多く、ボスマスがあんまり安定しなかったですが、それほどつまることもなく難易度はそれほど高くなかったかなと思います。
特に後半は友軍実装後に攻略したのもあって、難易度は普通な感じでした。
甲作戦は、札が6枚で最終海域も札付きだったので、札で難易度がかなり上がったと思います。
電探の数で道中縛るのやめてほしいですね。補強増設しつつ、電探で埋めるとかなんかよく分からんですわ。
E-5ボス前のWエリレは、女神一択。ダメコン縛りの提督さんは難易度かなり上がったでしょうね。

感想


中規模ということでしたが、札6枚で、ギミックもそこそこ多かったので、大規模と言っても問題ないような感じでした。
難易度はそれほどでもなかったと思いますが、陸上型が多く、攻撃がなかなかかみ合わず、イライラさせられました。
札が6枚でしたが、主力艦でイベント未出撃は以下のみなさんで、まだまだ余裕があったかなと思ったり。

ネルソン、ウォースパイト、山城、金剛、阿武隈2号
飛龍、翔鶴、瑞鳳、妙高、Zara、Pola、綾波、長波、雪風

掘りでも結局ネルソン使わずじまい。イベントのために用意した、阿武隈2号も出番なし。
運改修済みの綾波、長波も出番なし。金剛へーいも出番なし。出しどころはどこだったのか。
今回は、友軍のメンバーも考慮に入れて編成したほうがクリアしやすかったので、考えること多かったです。
あと今回も航巡不足で、鈴谷&熊野2号を使いました。航巡のルート固定は、E-5の輸送のところだけだったので、
他のところでザラ&ポーラを使えばったかなと思います。
そのかわり、軽空母が少し余裕がありました。航改二の鈴熊、どっちか航巡に変えてもいいかもしれないですね。
バナー艦の磯風も使いどころなかったし、秋月型も何隻か余ってたので、戦力には余裕があったかなと思います。
ただ、いつもは雷巡はじかれるので、木曾がだいたいあまってて、最後の掘りに使ってたんですが、
今回、雷巡を攻略で全て使ったので最後のフレッチャー掘りで困りました…。
今後に備えて、大北4号と、木曾2号を作っておこうと思っています。

今回実装された友軍システムはいいなと思いました。友軍なんていらん!っていう人もいれば、なんでもいいから
甲でクリアしたいという人まで幅広くいい感じに運用できててうまく考えたなと思いました。

高速縛りがなく、今回も嫁艦で最終海域クリアできてよかったです。
重量編成&タッチでドッカンドッカンするの大好きなので、今回のイベントは最後楽しめました。
次のイベントも最終海域はこんな感じでお願いしたいところ。
kancolle_20190613-230924304.png

いろいろ思うところはあるのですが、今回も甲勲章16個と全艦娘コンプリートを継続できましたので、今後もゆるい感じで続けていけたらいいかなと思っております。
イベントお疲れ様でした!







posted by けんたろう at 23:50 | Comment(0) | 艦これ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: